原宿と原宿用水

 
        原宿用水の境川取水口跡


 
 小松川に架かる原宿用水コンクリート橋 昭和3年御大典記念に建立


 
 
       町屋地区を流れていた原宿用水跡


       原宿の町並み@
道路側から原宿用水路、梅木、母屋、納屋、用水路、屋敷林、畑の順で並んでいました。



       原宿の町並みA
            かってこの場所に用水路があり、梅の並木が続いていました。

 江戸時代の初め、川尻村の太兵衛と理兵衛の二人の名主が代官の命令で久保沢に市を開きました。二人は力を合わせ二千人もの人を使って市をつくったのですが、太兵衛が市の利益を一人じめにするといって争いになりました。そこで代官はもう一つ市をつくれと命じ、理兵衛はやむをえず久保沢の東の原に市をつくりました。野原に人が住む町をつくるためには水が必要です。境川から水を引き用水路をつくりました。小松川の上には木の樋(とい)をおいて水道の橋をかけ、馬の背のように高くなった参道付近は深く掘り下げてできたのが原宿用水です。参道には橋がかかり深さが約三メートル、幅は両側の土手をふくめ九メートルほどもありました。初めは通りの真中に一本、家の裏側にそれぞれ一本づつ計三本の水路が流れていましたが、後に家の前後一本づつ計四本の水路をつくりました。用水の終わりには水田もつくられました。 
 久保沢と原宿の市は、津久井町の中野に市が立つようになると衰えましたが、久保沢は三、十三、二十三、原宿は七、十七、二十七の日の月六日、市が開かれ六斎市とよばれ賑わいました。市は今の原宿自治会館あたりで開かれ各地から薪、炭、米、野菜、織物等の物資が集まりました。寛永七年(1630)には三十四軒の家が立ち並びその後ろ側には短冊形に区切られた畑が整然と続いていました。家の奥側には屋敷林があり薪や堆肥の材料となりました。
 原宿用水は命の水として大切にされ、当番を決めて見まわりをしたり、定期的に堀さらいをして守ってきました。しかし昭和四十年代になるとその役目を終え大部分が道路として埋め立てられ現在では砂地区と宿内の一部に見られるだけとなってしまいました。
 現在昔の様子を伝えるものはほとんどありませんが、家の裏を流れた用水路を堰き止め、落差を利用しながら皿や茶碗を洗ったドンドンとよばれる洗い場がありました。


        井戸から汲み上げた貴重な水をためた水瓶



        「どんどん」があった頃の原宿用水

           平成7年頃の原宿





             戻る